気になる歯並び~小児・成人矯正~

Reserve

Reserve

料金表 Price

子どもの内に正しい歯並びに治しましょう~小児矯正~

子どもの内に正しい歯並びに治しましょう~小児矯正~

矯正治療は、乱れた歯並びや咬み合わせを、歯を動かして正す方法です。成長段階にある子どもは歯やあごの骨のコントロールがしやすく、成人と比べて早く治療を終えることができます。また無理なくスムーズに進められるため見た目も美しく整い、大人になってからするよりもはるかに自然で機能的な口元を手に入れることができます。お子様に少しでも「コンプレックスを抱えることなく健康的な人生を送って欲しい」とお考えであれば、早めにご検討ください。まずは歯科医院にて口の検査を受けられることをおすすめします。

子どもの頃に矯正を始めるメリット

子どもの頃に矯正を始めるメリット 画像

永久歯が生えそろっておらず顎の骨が成長段階にある子どもの場合、成長を利用しながら進められるため、比較的治療期間が短く、高い治療効果が期待できます。また、無理なく歯を動かすことができるため、痛みも少なく済みます。

美しい顔立ちに導くことができる
顎の骨の成長具合を見ながら、正しいバランスに整えることができるため、美しい骨格を形成することができます。
抜歯を回避できる可能性が高い
永久歯が生えそろうスペースを確保しながら矯正するため、永久歯を抜歯することなく矯正治療を行える可能性が高くなります。
コンプレックスを解消できる
出っ歯や受け口がコンプレックスとなってしまうことがあります。矯正治療で見た目を改善することで、コンプレックスを解消でき健やかな精神発育を促すことができます。
お口本来の機能を取り戻せる
歯並びや咬み合わせの乱れは、見た目の問題だけでなく、発音や食べ物の食べ方・飲み方、消化器官にも大きく影響を及ぼします。矯正治療によりこれらの問題を解消することができます。
大人になってからの矯正が短期間で済む
大人になってから矯正が必要になった場合、治療期間が短くなったり、抜歯を回避できたりします。

何気ないクセが歯並びを悪くします

子どもの骨格はやわらかいため、指しゃぶりや頬杖などのクセが、歯並びや咬み合わせに悪影響を及ぼすことがあります。以下のようなクセがあったら、早めに直してあげましょう。

指しゃぶり 何かを咬み続ける 頬杖 爪や唇を咬む
指しゃぶり

出っ歯になりやすくなります。5歳過ぎても指しゃぶりをしているなら注意しましょう。
何かを咬み続ける

上下の歯が咬み合わなくなったり、出っ歯になりやすくなったりします。
頬杖

顎関節や顎の骨に大きな負担がかかり、顎がゆがむ原因になります。
爪や唇を咬む

爪や唇を咬むクセは「受け口」に、下唇を咬むクセは「出っ歯」につながります。
口呼吸 舌のクセ 丸飲み
口呼吸

舌の位置が不安定になり、歯並びを乱す原因になります。
舌のクセ

舌で歯を押すクセがあると、歯並びを乱す原因になります。
丸飲み

咬む刺激が伝わらないと顎の骨の成長に影響し、歯並びを乱す原因になります。

矯正治療に年齢制限はありません~成人矯正~

矯正治療に年齢制限はありません~成人矯正~

矯正治療は子どもがするものだと思っていませんか?矯正治療は、子どもだけでなく大人になっても行うことができ、歯や周囲組織(歯ぐきや歯を支える顎の)が健康であれば何歳でも可能です。すでにブリッジや入れ歯、インプラントを使用しているという方でも矯正治療を行えます。口元の健康美をご提供する「グリーンアップル町田歯科医院」では、日本矯正歯科学会認定医による矯正治療を行っています。成人の場合には、見た目などを考慮しながら矯正を進めていきます。歯の見た目にコンプレックスを感じている方、歯並びや咬み合わせが気になる方は一度ご相談ください。

歯並びが与える印象

歯並びが与える印象

良い歯並びや白い歯は、さわやかさや清潔感などの印象を大きく左右します。さらに「誠実さ」や「若々しさ」を相手に与える要素でもあります。2006年に日本臨床矯正歯科学会が行った調査では、次のような結果が出ていますのでご紹介します。この結果を見ると、多くの方が他人と会ったとき、「目元」に次いで「口元」を見ていることがわかります。口元が他人に与える印象は大きいのです。歯並びが良くきれいな歯は、より好感を持てる笑顔には欠かせません。

予約はこちら。インターネット予約も可能です

page top